メルボルン生活情報

【誰でも簡単に】オーストラリア メルボルンでの運転免許証 取得方法


こんにちは。今回は、

悩むボク

・日本の運転免許は
 持っているけど、
 メルボルンの運転免許証
 が欲しい。
 
 が、方法が分からない。


という悩みを解決します。

✔︎ 本記事の内容

・メルボルンでの
 運転免許証取得に
 必要なもの

オーストラリア
 メルボルンで
 運転免許証を取得した流れ


について、最近ボクが実際に行った手順を紹介します。

メルボルンはオーストラリアのビクトリア州に属しているので、ビクトリア州の運転免許証を取得することになります。

ビクトリア州に6ヶ月以上滞在+運転する人は、ビクトリア州の運転免許を取得する必要があります。

この記事で、オーストラリア ビクトリア州の運転免許証入手の流れのイメージがつかめます。

今回は、日本の運転免許証を取得して3年以上経過している前提での話になります。

オーストラリア メルボルンで運転免許証取得に必要なもの


メルボルン=ビクトリア州の運転免許証発行にはまず下記のものが必要でした。

  1. 日本の運転免許証
  2. 日本の運転免許証の翻訳
    (自動車運転免許証抜粋証明)
  3. パスポート
  4. ID (現地のBankカード、
    Medicareカード等)
  5. 住所を証明する資料
    (自分は賃貸契約書を見せた)
  6. 予約費用($19.20 AUD)
  7. 発行費用($84.00 AUD)
    ※有効期間3年
  8. アプリケーションフォーム
  9. メガネやコンタクトレンズ
    (運転時、必要な場合)


この中で、②の「日本の運転免許証の翻訳」だけ追加で入手する必要がありました。

入手方法は後述します。


オーストラリア メルボルンで運転免許証を取得した流れ


まず、大まかな流れは下記の通り。

  1. "自動車運転免許証抜粋証明"
    発行申請
  2. "ビクトリア州運転免許証"
    申請日予約
  3. "自動車運転免許証抜粋証明"
    取りに行く
  4. VicRoadsで免許証発行手続き
  5. 郵送で免許証が届く


1つずつ見ていきましょう。

1.「自動車運転免許証抜粋証明」発行申請


要するに、"日本の運転免許証の英語翻訳"になります。

ボクは最初、

悩むボク

免許証の英語翻訳の取得とか超めんどくさそー


と思ってました。

しかし、思ったより簡単でしたよ。
申請方法は、以下の手順で。

  1. いつ申請に行くかの電話予約
  2. 在メルボルン日本国総領事館行く
  3. 申請料払い、発行申請


① いつ申請に行くのかの電話予約

ボクは最初、在メルボルン日本国総領事館に行けば、すぐ申請できるかと思い、アポなしで行きました。

でも、「コロナだから、アポ取って来てね」と門前払い(>_<)

下記の電話番号に予約電話を。

領事館受付:03 9679 4510

電話したその日に予約が取れたので、再び領事館へ。

② 在メルボルン 日本国総領事館に行く


在メルボルン日本国総領事館は、メルボルンCBDにあります。
住所、行き方はこちら

当日申請に必要なものは以下の通りでした。

  • 証明書発給申請書
    (現地でもらい、記入しました)
  • 日本の運転免許証
  • パスポート
  • 現金 $29 AUD (受取時に支払い)


その場での申請は5分ぐらいで終わり、1週間後に受取可能とのこと。

受取日時のアポもその場で予約。

支払いは受取の時に。
現金でぴったり持ってくるようにって
念押しされましたよ。


2. "ビクトリア州運転免許証" 申請日予約


次に、ビクトリア州運転免許証の申請日時の予約です。

全てネットでとは行かず、直接VicRoadsに行く必要があります。

でも予約はネットでもできます。

ボクは直接VicRoadsに行って、しました。
(その時にアプリケーションフォームも貰いしました。ネットでもダウンロード可能)

VicRoadsアプリケーションフォーム

どっちにしろ、予約金=$19 AUD を徴収されます。


下記ネットで予約を取る時の簡単な流れです。

・ネットでの予約手順


まずは、VicRoadのページにいきます。
VicRoadsのホームページ


①「Licences」を選択
(下記はスマホの表示画面になります。)


② 「Convert your interstate〜」選択。


③ 「Convert your Overseas Licence」選択


④ 「I've been living or〜」選択
※半年以上ビクトリア州に滞在する場合


⑤ スクロールしていき、「Convert my overseas drivers〜」選択


⑥ 必要情報入力➡︎「Continue」選択


⑦ 「Make an appointment to〜」選択


⑧ 「Book and pay online」選択


⑨ 「Continue to book〜」選択


後は、入力事項に自身の情報をインプットして支払いです。

場所によっては、だいぶ先じゃないと予約が取れないこともあります。


ボクは、予約日から1ヶ月後にアポを取りました。

ネットから予約した場合は、下記からアプリケーションファームをダウンロードして印刷➡︎プリントして持っていきましょう。


VicRoadsアプリケーションフォーム


3.「自動車運転免許証抜粋証明」を取りに行く


在メルボルン日本国総領事館で申請した「自動車運転免許証抜粋証明」を取りに行きました。

言われた通り、現金で $29 AUD をしっかり収めます。

発行されたのが、こちら。

実際のメルボルン日本国総領事館で発行された「自動車運転免許証抜粋証明」


4.VicRoadsで免許証発行手続き

ついにビクトリア 運転免許の申請日。

もう一度、必要物を確認。

  1. 日本の運転免許証
  2. 日本の運転免許証の翻訳
    (自動車運転免許証抜粋証明)
  3. パスポート
  4. ID (現地のBankカード、
    Medicareカード等)
  5. 住所を証明する資料
    (自分は賃貸契約書を見せた)
  6. 予約費用($19.20 AUD)
  7. 発行費用($84.00 AUD)
    ※有効期間3年
  8. アプリケーションフォーム
  9. メガネやコンタクトレンズ
    (運転時、必要な場合)

遅れないように15分前には現地に到着。

ボクはメルボルンCBDにある「VicRoads - hub@exhibition Customer Service Centre」で申請しました。

メルボルンCBDにある「VicRoads - hub@exhibition Customer Service Centre」
メルボルンCBDにある「VicRoads - hub@exhibition Customer Service Centre」


ここのスタッフは基本フレンドリーだった印象。(^ ^)

中に入った後の簡単な流れは、


  1. 受付みたいな人に、
    日本の運転免許から
    ビクトリア州免許に
    「Convert」しに来た旨伝える。
  2. 渡される番号札のカウンター前で待機。
  3. 呼ばれたら、そのカウンターで必要物提出。
  4. 質問に落ち着いて答える
  5. 簡単な視力検査
    (この時、必要ならメガネやコンタクト着用)
  6. 支払い (有効期限3年=$84 AUD)
    ※10年の場合は、$287.80 AUDでした。
  7. 一時的なビクトリア州
    運転免許の代行書もらう


呼ばれてから15分ぐらいで申請完了。
無事発行されそうです。

費用は、今後変動する場合がございます。


ビクトリア州運転免許証原本は、2週間後ぐらいまでに自宅に郵送してくれるとのことです。

それまで、ビクトリア州運転免許証の代行として下記の書類を渡されました。

ビクトリア州運転免許証の代行


これからはVicRoadsのネットでも免許の更新手続きができるらしい。
VicRoadsのホームページ

こういうところは日本よりかなり便利だ。。

5.郵送で免許証が届く


申請から10日ほど経過した頃、自宅に無事、免許証が届きました!

喜ぶボク

これで、
いちいちパスポートを
持ち歩かなくても
外で酒が飲めるぞー!

悩むボク

ロックダウン中は
外で飲めないけど、、


■ まとめ


いかがですか?

今回は、オーストラリア メルボルンで運転免許証を取得した流れをご紹介しました。

もう一度、流れをおさらいです。

  1. "自動車運転免許証抜粋証明"
    発行申請
  2. "ビクトリア州運転免許証"
    申請日予約
  3. "自動車運転免許証抜粋証明"
    を取りに行く
  4. VicRoadsで免許証発行手続き
  5. 郵送で免許証が届く


再度、申請に必要なものは、

  1. 日本の運転免許証
  2. 日本の運転免許証の翻訳
    (自動車運転免許証抜粋証明)
  3. パスポート
  4. ID (現地のBankカード、
    Medicareカード等)
  5. 住所を証明する資料
    (自分は賃貸契約書を見せた)
  6. 予約費用($19.20 AUD)
  7. 発行費用($84.00 AUD)
    ※有効期間3年
  8. アプリケーションフォーム
  9. メガネやコンタクトレンズ
    (運転時、必要な場合)


この流れで、簡単にメルボルン(ビクトリア州)の運転免許証を手に入れれますよ!

なんかこれを持っているだけで、メルボルン人に近づいた気持ちになります笑

メルボルンに長く滞在するなら、運転免許としてはもちろん、身分証明としてかなり役に立ちます。

これからメルボルンで車を購入したいという方は、以下の記事で購入の流れを紹介しているので、参考してくださいね!

参考記事
【意外に簡単】メルボルンで車を初めて購入した時の手順を徹底解説

PVアクセスランキング にほんブログ村

-メルボルン生活情報
-