メルボルン生活情報

【最新版】オーストラリアパートナービザ309取得方法と流れ

 

✔︎皆さんの悩み・疑問点

・日本でオーストラリア
 国籍の方と結婚。

・パートナーとオーストラリアに
 移住を考えてるが、
 パートナービザ(永住権)
   の取り方が分からない。

・パートナービザ(永住権)の
 申請にかかる費用や取得期間など
 具体的に知りたい。

 

✔︎本記事の内容

・オーストラリアパートナービザ
 (309)の概要

・僕の実際の体験に基づく、
 オーストラリアパートナービザ
 (309)取得方法と流れ

・僕(初心者)が申請〜取得までに
 感じた疑問点と回答

 

オーストラリア国籍の方と結婚して、オーストラリアに移住を考えてる方、「どのようにして、オーストラリアに住むためのビザを取ればいいんだろう」と悩んでいませんか?

 

結論、「オーストラリアのパートナービザを取得して永住権を得る」です。

 

この記事で紹介するパートナービザ「サブクラス309」の取得方法や流れを見れば、具体的に何をしたら、オーストラリアに住めるビザが手に入るか分かると思います。

 

なぜなら、上記ビザを取得した時の実際の僕の経験に基づいているからです。

 

僕は、日本でオーストラリア人の女性と結婚し、もうすぐオーストラリアに移住をします。
そのためのパートナービザ「サブクラス309」を最近取得しました。

 

ビザには、いろんな種類がありますが、僕のように「日本で結婚してオーストラリアに移住」する方であれば、「サブクラス309/100」というビザで良いかと思います。

 

このビザは、国外から申請可能です。

 

なので、日本で事前申請→取得できれば、永住権の効力を持った状態で、オーストラリアに入国できます。

 

本記事では、僕がこのビザ申請するにあたって感じた疑問点とその回答も紹介するので、これから申請する皆さまのお役に立てればと思います。

 

※あくまで、一個人の事例なので、皆様のビザ取得を保証する内容ではございませんので、事前にご承知おきください。

 

◾️ オーストラリアパートナービザ(309)の概要

 

結論、僕たちは、日本のビザ取得代行会社を通して、ビザを申請→取得しました。

 

費用がその分追加で、「20万円後半」かかりましたが、下記の理由もあり、その価値はあるかなと今でも思ってます。

 

・2人とも共働きで時間がない

・人生にも影響する重要なことなので、
 ミスできない

・申請中の不安

・情報の漏れ

 

 

なので、代行会社を通さない申請方法を知りたい方には、少し参考にならない部分あるかもしれません。

 

ただ、僕が申請時に疑問に残ったポイントとその回答も後半で紹介してるので、そこは、参考になると思います。

 

・パートナーピザ(サブクラス309/100)とは?

 

下記の条件を満たしていれば、申請できるビザです。
今回は、オーストラリア国外から申請する前提で紹介しております。

 

・18歳以上のオーストラリア国籍、
 又は永住ビザを持ってる人と
 結婚している

・その人と1年以上一緒に暮らしてる

 

ビザは、下記の2種類のビザを段階的に取得していきます。

 

・永住暫定ビザ→サブクラス309

・永住ビザ→サブクラス100

 

最初は、永住暫定ビザのサブクラス309を取得していきましょう。
ぶっちゃけこのビザさえ取得してしまえば、後は楽です。

 

なぜなら、このサブクラス309は、
次の永住ビザとなるサブクラス100のビザがでるまで、永住権の効力を発揮します。

 

以下の通り、永住権としてのメリットを享受できます。

 

・入出国が自由

・仕事を取得するのに有利

・保険が適応される

 

 

注意点としては、このサブクラス309は、オーストラリア国外からの申請となり、ビザが認可されるまでは、長期滞在を目的としたオーストラリアへの渡航ができない点。

 

なので、僕たちもこのビザが認可されるまで、ドキドキでした。

 

サブクラス100ビザは、サブクラス309の永住暫定ビザ取得後、約2年後にオーストラリア移民局から連絡が来て、取得できるとのこと。

 

もちろん、その時もその後もパートナーと良質な関係を継続していることが前提。

 

ちなみに、オーストラリアに既に滞在している場合は、サブクラス820(一時的)→801ビザ(永住)を国内から申請もできるそうです。

 

・パートナービザ申請料

 

僕は、合計で約「100万円」かかりました。

 

内訳は、ざっくり税込で、下記の通り。
(AUD=オーストラリアドル)

 

・ビザ申請費用:
「約¥600,000 (7,715AUD+100AUD) 」
※100AUDは、手数料

・ビザ代行会社への費用:「¥300,000」

・翻訳費用:「¥87,000」

・健康診断費用:「¥25,500」

合計:「¥1,012,500」

 

ぐっ、高い、、
でも僕は、結構支払った方だと思います。
翻訳は、別でお願いしたら、もっと安かったかも。

 

僕は一括で全部お願いして、ラクをしたかったので、同じビザ代行会社を通して、一気にやっちゃいました。
その価値は、あったと思います。

 

でも、自信がある方は、個人申請で全然アリだと思います。
個人申請方法の記事も「オーストラリア 配偶者ビザ 309」で調べたら、ありました。

 

個人で頑張ってやれば、30万ぐらい安くなります。
個人で申請しようという方は、この記事をイチ事例として参考にしてください。

 

・パートナービザ申請期間と実際の流れ

 

2020年時点は、パートナービザ309を申請してから取得できるまで、16〜22ヶ月と言われてました。
しかし、僕は、申請して、7ヶ月ほどで、309のビザがおりました。

 

これは、その時の状況で期間は、変わってくるらしいので、注意が必要です。

 

僕の場合は、次のようなスケジュール間でした。

 

2019/12ビザ代行会社へ依頼
2020/01ビザ申請書類提出
2020/07

健康診断と犯罪経歴証明書提出

2020/08サブクラス309ビザ取得
2022/08サブクラス100ビザ取得予定

  

・パートナービザ申請に必要なもの

 

下記の必要書類、ほとんど書類スキャン→PDFにして、データで代行会社に送ってました。

 

それをするに下記のアプリがすごく、役に立ちましたので、リンク貼っておきます。

CamScanner

 

※僕は、使用に問題はありませんでしたが、一部、ネットでは、使用に注意が必要という情報もあります。
そこをご了承の上、使用を考えてください。

 

また、無料でも充分使えますが、機能に制限があったので、1ヶ月だけ有料版を使いました。(月550円)
要するに無料版だと、スキャンできる数に制限があったのです。

 

先に言うと、ザッと次の書類の提出が必要。
僕たちがそれぞれどうやって何を提出したかは、この後、ご紹介します。
下記は、印刷⇒チェックリストとして、使ってもらっても構いません。

 

【スポンサーが用意する書類】

・出生証明書 □

・パスポートページのコピー □

・オーストラリアに
 居住していることを証明する書類 □

・過去2年分の雇用証明書 □

・パスポートサイズの
 カラー写真2枚
(45×35mm/6ヶ月以内)□

・2人の関係を説明する英語宣誓書 □

・2人の関係を証明する
 友人・家族からのレター □

フォーム40SP □

・2人が住んでいる又は、
 住む予定の不動産の賃貸契約書、 
 家賃領収書など □

 

【申請者が用意する書類】

パートナービザ申請者
 必要情報フォーム □

・パスポートページのコピー□

・申請者のパスポートサイズの
 カラー写真4枚
(45×35mm/6ヶ月以内)□

・戸籍謄本 □

・婚姻証明書 □

・2人の関係を説明する英語宣誓書 □

・2人の関係を証明する
 友人・家族からのレター □

・2人の関係を証明する書類
(写真、誕生日カード、手紙、
 メール・通話履歴)□

・現在の申請者の状況を証明するもの
(雇用証明など)□

・申請者の収入を証明するもの
(給与明細、納税証明など)□

 

【申請して半年〜1年後に必要な書類】
※指示があるまで提出不要

・健康診断
(指定病院にて受診すること)□

・犯罪経歴証明書
(都道府県警にて取得すること) □

・その他追加書類
  (写真、メール、共同の物を証明すること) □

 

◾️ 【最新版】オーストラリアパートナービザ309取得方法と流れ【体験談】

 

実際に僕たちが、オーストラリアパートナービザ サブクラス309取得したまでの全ての流れをお伝えしていきますね。
ビザ代行会社を通しての流れになります。ご容赦ください。

 

※注意点としては、あくまで、「僕イチ個人」が申請から取得したまでの流れになります。なので、皆さまのビザ取得を保証するものでは、ありません。
あくまで参考程度でご覧ください。

 

1.ビザ代行会社との契約

 

①オーストラリア配偶者ビザ取得代行している会社探し。

 

→ネットで、「オーストラリア パートナービザ 申請」とかで検索すれは、ヒットします。

 

 

②そのページのお問い合わせフォームから、「名前、住所、メルアド、用件」などを記入して送る。

 

→用件は、具体的に。
特に、

 

・相手の国籍(オーストラリア)

・いつ何年何月に結婚したか

・オーストラリアのパートナービザを
 国外から申請したい旨

・代行してもらうにあたっての
 費用を知りたい旨

 

など、詳しく伝えると良い。
数日以内で、返信はくるかと。

 

 

③相手からの返信をよく読み、契約書の記入や振込の手続き

 

→費用のこともよく考えてから、契約するか否かを決めます。

 

 

2.パートナービザ取得のための書類準備(スポンサー)

 

ここでいう「スポンサー」とは、
相手側(オーストラリア国籍又は
永住ビザを持ってる人を指します。)

 

先述した資料をそれぞれ準備していきます。
ここでは、僕がどのように何を準備したかご紹介します。

 

書類関係のものは、全てスキャン⇒PDFにして、代行会社担当の方にメールで送りました。

 

・出生証明書

 

英語では、"RECORD OF BIRTH"

 

この書類は、地味に入手に手こずるかも。
自分の妻は、たまたま日本に持ってきてました。

 

今手元にないのであれば、パートナーに頼んで、実家にあるか確認してもらうと良いです。

 

 

・パスポートページのコピー

 

これは、パートナーのパスポートの「名前や顔写真が入ってるページ」を丸々撮影⇒スキャン⇒データ提出でOK。

 

 

オーストラリアに居住していることを証明する書類

 

スポンサーがオーストラリア国籍である場合、居住実績不要でした。

 

そのかわり、日本での雇用実績やオーストラリア帰国後のジョブオファー、現地居住地の証明などを求められました。

 

僕たちの場合は、妻(スポンサー)の職場で、雇用証明書(○○《名前》は、○○《在職開始した年月日》より○○《働いてる場所》に在職しています。⇒という内容で)を発行してもらいました。

 

その「簡単な内容」と「会社印」を押してもらった紙)をスキャン→データ化提出でOKでした。

 

 

・過去2年分の雇用証明書

 

スポンサーの収入、納税証明が必要とのことでしたので、妻の過去3〜4年間分の「給与支払い明細」をスキャン→データ化して送りました。

 

半年に1回ごとの給与明細を4枚ぐらいで1枚の写真におさめると、写真2枚分ぐらいのスキャンで済みました。(下記の年と月分提出)

 

・2016年:9、12月分

・2017年:6、11月分

・2018年:9、12月分

・2019年:3、11月分

 

 

・パスポートサイズのカラー写真2枚(45×35mm/6ヶ月以内に撮った写真)

 

そこら辺にある「証明写真機」で、すぐ撮れました。
日本は便利ですね。

 

その「証明写真機」のスマホアプリがあり、撮った写真を簡単にデータに保存可能でした。

 

単純にその撮影した写真をスキャン→データ化で送っても良いです。

 

 

・2人の関係を説明する英語宣誓書

 

"宣誓書"と言われて、身構えるかもしれませんが、WordなどにタイピングでOK。
英語で記載しないといけません。

 

書いた内容は、

 

・出会いから現在まで、
 いつどこでどのようにして出会ったか

・どのように関係が構築されたか

・結婚を決めたのはいつか

・互いに経済的、
 精神的にどのように
 支えていくつもりなのか

・今後の計画などを記載し、
 日付の署名を入れること。

 

結論大事なのは、2人の関係が真実であり永続的なものであるかどうか分かる内容であれば、OKです。

 

Word 1ページほどの文章量でOKでした。
スキャン→データ化で提出。

 

 

・2人の関係を証明する友人・家族からのレター

 

下記にある「フォーム888」に記入。

参考⇒「フォーム888」Statutory declaration by a supporting witness in relation to a Partner or Prospective Marriage visa application

 

最低2名からもらう必要があったので、妻の場合は、友達、兄に書いてもらいました。
もちろん英語です。
最初に原本をデータで送って、記入してもらったを再度データで送り返してもらいました。

 

スキャン→データ化で提出。

 

 

・フォーム40SP(Sponsorship for a partner to migrate to Australia)

 

下記のフォーマットに、スポンサーの情報を根掘り葉掘り書いてスキャン→データ化→提出。

参考⇒「フォーム40SP」Sponsorship for a partner to migrate to Australia

 

こんなに情報いるのかな、、

 

 

・2人が住んでいる又は住む予定の不動産の賃貸契約書、家賃領収書など

 

これは、2人が初めて同居する時の「賃貸契約書」「電気代・水道代の請求書」をスキャン→データ化して提出。

 

妻の名前は、旧姓のままでOKでした。

 

大事なのは、その書類に2人の名前が一緒に入っているか否か。

 

僕たちの場合、電気代や水道代の請求書に、2人の名前が記載されていたので、それも証明資料として提出しました。

 

※ちなみに、「電気代・水道代の請求書」は、僕たちの名前の横に英語で名前を追記しておけば、英語翻訳不要でしたね。

 

 

3.パートナービザ取得のための書類準備(申請者)

 

スポンサーと申請者の書類は、どちらが先じゃないとダメというわけではありません。
準備と提出は、同時進行でOKでしたよ。

 

・パートナービザ申請者必要情報フォーム

 

けっこう詳細の情報記入も求められたので、疑問点は、代行会社担当の人に鬼の質問攻め。

 

※特に過去の渡航歴を書くところ。
学生の時に、アホみたいに旅をしていたので、本当に記入が大変でした。。

 

 

・パスポートページのコピー

 

スポンサーの書類時と同じ。

 

申請者(自分)のパスポートの「名前や顔写真が入ってるページ」丸々写真を撮って、スキャン→データ化で提出。

 

 

・パスポートサイズのカラー写真4枚(45×35mm/6ヶ月以内に撮った写真)

 

先述した「スポンサーが用意する書類」時と同じ。

 

そこら辺にある「証明写真機」ですぐ撮りました。

 

 

・戸籍謄本

 

住んでいる市の市役所に行って、発行。

 

スキャン→データ化で提出。

 

 

・婚姻証明書

 

結婚籍を入れた時に、市役所からもらった証明書です。

 

スキャン→データ化で提出。

 

 

・2人の関係を説明する英語宣誓書

 

先述した「スポンサーが用意する書類」の時と同じ。

 

今度は、申請者(自分)が、下記のことをWord 1ページほどの文章量で書き、それをスキャン→データ化で提出。

 

・出会いから現在まで、
 いつどこでどのようにして出会ったか

・どのように関係が構築されたか

・結婚を決めたのはいつか

・互いに経済的、
 精神的にどのように
 支えていくつもりなのか

・今後の計画などを記載し、
 日付の署名を入れること。

 

 

・2人の関係を証明する友人・家族からのレター

 

先述した「スポンサーが用意する書類」時と同じ。

 

下記にある「フォーム888」に記入。

参考⇒「フォーム888」Statutory declaration by a supporting witness in relation to a Partner or Prospective Marriage visa application

 

最低2名からもらう必要があったので、僕は、オーストラリアに住む友達と父に書いてもらいました。
父のは、日本語で記入してもらったのを英訳。

 

スキャン→データ化で提出。

 

 

2人の関係を証明する書類

 

要するに2人がずっと良い関係を継続できてるか証明する内容であれば、OKでした。

 

それぞれ次のように用意→スキャン→データ化で提出。
(これが1番時間のかかる作業でした、、)

 

・「写真」

2人の写ってる、
関係を証明できる写真を毎月1点ずつ。

僕がやったのは、スマホの「写真」で、
対象の写真を上に出てくる日付ごと、
「スクリーンショット」しました。

↓下記の部分ごと写真を「スクリーンショット」↓

 

 

提出した後に、
1年分(12枚)を1PDFにまとめるよう、
後で要求されました。

※「CamScanner」なら、
複数の写真を1つのPDFに
まとめることも可能でした。

 

・「メール」

LINEやFacebookのメール履歴を
スクリーンショットしたものなど、
出会った頃から今に至るまで。毎月1枚ほど。

これも1年分(12枚)を1PDFにまとめ。

 

・「カード」

クリスマスカードやバースディカードなど。

 

・「通話履歴」

電話の請求書などの明細。
または、相手に電話している履歴。

 

※写真やメールなどで、
関係の証明として十分な内容であれば、
カードや通信記録などは、
なくても大丈夫でした。

 

 

・現在の申請者の状況を証明するもの

 

僕は、次の書類を入手→スキャン→データ化で提出。

 

・「会社の在籍証明書」

会社の人部に問い合わせして、
社印入りのを発行してもらいました。

1枚の紙ペラ。

 

・「給与所得者の配偶者控除等の申告書」

毎年末に会社経由から
「年末調整」の際にもらう申告書。

 

 

 

・申請者の収入を証明するもの

 

会社から毎月データで給与明細(税の支払い明細内訳入り)をもらっていたので、それを「スクリーンショット」でそのままデータで提出。

 

 

 

ここまでが、最初に提出する書類たちです。
これで、80%は完了という感じ。

 

これらの書類を提出後、オーストラリアへの「ビザ申請料」として、「7,715AUD」の支払い手続きをしました。

 

手続きは簡単で、代行会社発行の1枚の申請書に、名前やメールアドレス、クレジットカード情報などの簡単な内容を記入して、スキャンして提出。

 

事前に、クレジットカード引き落としのある銀行口座に「60万」を振り込んでおきました。

 

後日、クレジットカードの支払い履歴を見てみると、翌月に「HOME AFFAIRS - OSOUTHPORT」という名目で、「60万近く」引き落としがありました。

 

これで、支払いまで完成。
しばらく待つのみです。

 

後は、最後のステップである

 

・健康診断

・犯罪経歴証明書

 

 

これらの書類提出を求められるのを待つのみです。

 

2020年1月に最初の申請必要書類を提出して、同年7月に、「健康診断」「犯罪経歴証明書」の提出要請がきました。
(最初にビザ申請してから、ちょうど半年とちょっとぐらいです。)

 

 

4.最後に必要な書類の申請・取得

 

ビザ書類提出から半年後、代行会社担当の方から、「健康診断」「犯罪経歴証明書」の提出連絡がきました。

 

ここで、ホッと一安心です。

 

この連絡が来たということは、ビザ取得まで、後もう一歩というサインだからです。

 

提出期限は、提出連絡がきた日より28日以内でした。
早速取り掛かります。
次の2つの書類は、会社を有給で休みながら、取得する必要がありました。

 

なぜなら、申請機関の休日対応が難しかったからです。

 

 

健康診断

 

指定病院で受診を受けました。
指定病院は、東京にある英語対応もしている病院でした。

 

流れとしては、

 

①指定病院に予約

まず、代行会社からもらった「Referral Letter」と「Request Checklist and Details」をプリントします。

 

その2通を手元に指定病院に電話します。

 

「ビザ申請のための健康診断希望」と伝えると、質問事項を何個かしてくるので、それに応えて、健康診断希望日時を伝えて、予約終了。

 

 

②必要物を持って、病院へ

 

健康診断に必要な物は、下記。

 

・診察費用「25,000円」

・パスポート

・プリントした「Referral Letter」と
「Request Checklist and Details」

・眼鏡・コンタクトレンズ
(裸眼で、視力が「0.5」以下の場合。)

 

・お薬手帳
(何か服用している薬かある場合)

・主治医の診断書
(疾患治療中の場合)

・母子手帳・妊娠証明可能な診断書
(妊娠されてる場合)

・母子手帳
(6歳以下の場合)

 

 

 

③検査

 

検査当日、尿検査があるので、しばらくトイレは行かないのがGood。
また、血液検査・HIV検査があるので、なるべく水分は、摂取しておくのがGood。

 

検査内容は下記の通り。
約1時間半で終了しました。
待ち時間が多かった印象です。

 

①尿検査

②血液検査・HIV検査

③レントゲン

④身長・体重・視力・聴覚検査

 

 

 

④健康診断の領収書の保管

 

検査終了後、すぐに検査結果が直接移民局へ送られます。

 

これで健康診断は、終了。

 

 

・無犯罪証明書

 

申請者は、過去10年以内に12か月以上
居住したことがある国の全てから
警察証明を入手しなければならない。

 

ということで、自分の住民票のある都道府県警にて、申請。

 

これは、僕(申請者)だけでなく、妻(スポンサー)の無犯罪証明書が必要のケースもあるそうなので、念のため前もって両方申請しました。

 

僕は、「日本のみ」。
妻は、「日本」と「オーストラリア」。

 

オーストラリアに申請する場合の
申請費用は、日本円で「3,300円」ぐらいでした。

 

申請から取得の流れは、

 

①県警に電話で確認

 

自分の住民票のある都道府県警に電話。
無犯罪証明書を発行しているかと、必要書類について確認。

 

特に予約する必要はありません。
平日の8:30〜17:00の間に行けばOKでした。
(昼12:00〜13:00は除く)

 

 

②必要物を持って、警察署へ

 

必要な物は、下記。

 

・プリントした「Referral Letter」と
「Request Checklist and Details」 と
「Request for more information」

※とりあえず、代行会社から送られてきた
これらの書類を念のため全部持っていきました。

 

・パスポート原本

 

・住民登録の確認できる物
(次のうちから1点)

→住民票

→運転免許証

→住民基本台帳カード
(顔写真付きのもの)

→マイナンバーカード
(顔写真付きのも。
 通知カードは不可。)

 

 

 

③申請・検査

 

申請内容は下記の通り。
約20分ぐらいで終了しました。

 

①警察者受付で、「無犯罪証明書」を発行しにきた旨を伝えると、該当の場所に案内される。

 

②最初に、向こうの所定用紙に必要事項を記入。

 

③指紋認証

 

④10日後ぐらいに完成した「無犯罪証明書」を取りに行く。

 

※これは、誰かが代理で取りに行くことも可能でした。

※なお証明書の取得が、28日以上かかる場合は移民局に延長申請を出せるそうなので、その場合は、代行会社にその旨を伝えればOKらしいです。

 

 

「無犯罪証明書」をスキャンしてデータで提出。

 

 

・その他の書類

 

最初の申請で提出したのと同様内容書類を半年分、スキャン→データで提出。

 

要するに、「この半年間もちゃんと一緒に仲良くやってたの?」という最後の確認みたいなものです。

 

僕たちは、次の書類たちを提出。

 

①ビザ申請後から現在までの2人の関係を証明する書類

僕たちは、2人の名前が記載している
水道・電気代の請求書を提出。
(半年前の申請と同様で、
2人の名前を英語で追記。)

 

その他にも下記の書類も有効らしい。

・共同名義の銀行口座

・2人の金銭のやり取りの証拠

・共同保険

・共同国民保険カード

・2人の共同旅行の証拠
(例:チケット、領収書など)

 

②2人の写真

申請から半年間分の2人が
写ってる写真を月1で集め、提出。

 

③2人のコミュケーション履歴

申請から半年間分の2人のLINEや
Facebookのメール履歴を
スクリーンショットしたものなど。
毎月1枚ほど。

 

 

 

これで、できることは、全てやったという感じです。
後は、連絡が来るのを待つのみです。

 

 

5.ビザ取得完了

 

「健康診断」や「無犯罪証明書」完了後からなんと1週間ぐらいで、「サブクラス309 パートナービザ」取得の連絡が。

 

想像以上のスピードだったので、少しあっけなさも感じながらも、一安心です。

 

「ビザ発給番号」、「TRN番号」など、大切に保管です。

 

今回のサブクラス309ビザ発行後の1年以内にオーストラリアに入国しないと、ビザの効力が切れてしまうそうなので、注意が必要。

 

次の完全永住ビザである「サブクラス100 パートナービザ」は、今回の309ビザ発行から2年ぐらいで、取得できるそうなので、移民局からの連絡を待つのみです。

 

何はともあれ、長かったパートナービザ申請→取得、終了。
ビザ取得代行会社の方、ありがとうございました。

 

 

◾️オーストラリアパートナービザ サブクラス309申請〜取得までの疑問点と回答一覧

 

 

ここからは、僕が申請から取得までに思った疑問点とその回答をご紹介します。

 

疑問・回答内容は、実際に僕たちがパートナービザを取得していく中で、感じたこと・明らかにしていったことです。

 

なので、実際に申請すれば、皆さんにも、あてはまる内容が多いかと思います。
(そうじゃない内容も多いかもしれませんが。。)

 

多額のお金がかかり、重要なことです。
疑問点は、少しでもなくしたいですよね。

 

ぜひ参考してください。

 

 

【ビザを申請する前の疑問点と回答】

 

・サブクラス309ビザがおりたら、ほぼ永住権と同じ効果(在住、就労、保険無料が可能)なのか?

 

回答:

その通り。
サブクラス309パートナービザは、
暫定的な永住権になる。

 

・サブクラス309ビザ取得後、永住権であるサブクラス100のビザが認可されるまでに、平均でどのくらいかかるか?

 

回答:

約2年ぐらいだが、状況により、
それよりも早くなることもある。

 

 

・サブクラス100の永住権ビザ認可時は、どのように連絡がくるのか?

 

回答:

オーストラリア移民局より
メールが送られてくる。

 

・もしサブクラス309ビザ取得前にオーストラリアに行きたい場合は、観光ビザETASより「e600ビザ」で行くのが良いのか?(理由は、e600ビザなら、滞在期間が1年までとれるため)

 

回答:

どちらのビザでも渡航・滞在は、可能。
長期を希望であればe600ビザ。
12ヵ月間の滞在が可能となる。

 

※「e600ビザとは?」

 

3ヶ月以上のオーストラリアへの観光、知人訪問、その他就労以外の短期滞在目的の場合、利用可能。このビザでの滞在が認められる期間は3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月の三種類。

 

 

・もしこのe600ビザの最長滞在期間1年が経過した後も、サブクラス309ビザが認可されなかった場合、一度オーストラリアから出て、国外でビザが認可されるまで待つ必要があるのか?

 

回答:

その通り。
また、e600ビザの滞在期間中に、
許可がおりた場合にも、
一度出国の必要がある。

 

 

・このe600ビザでは、就労(パートタイムジョブ)できないのか?

 

回答:

できない。
観光ビザのため、就労は認められていない。

 

 

【ビザ代行会社契約時の疑問点と回答】

 

・政府へのビザ申請料の7,715ドルは、現金(日本円)での支払い?

 

回答:

政府への申請料については、
クレジットカードにて、
日本円に換算され、決済。

 

・申請料は、日本円で、60万近くになるが、クレジットカード利用可能枠がそこまで達していない場合、どうやって払えばいいか?

 

回答:

自身でのカード決済が難しければ、
代行会社にて対応も可能。
その場合、為替リスクや消費税などの
関係から若干高くなる。

 

・お支払いの全ての順序を教えてほしい。(代行会社への代行料〜ビザ申請料〜翻訳代の支払い)

 

回答:

①契約時に「代行料」を振込む。

②「ビザ申請料」を
クレジットカードで支払う。
(必要書類がそろい、提出時点で)

③「翻訳代」は、
書類の準備中に振込が発生。

 

・必要時、代行会社ご担当へアポイントメント→面会は可能か?

 

回答:

対応可能。

 

【オーストラリア国内から申請するパートナービザ サブクラス820/801についての疑問点と回答】

 

・オーストラリアにもビザ発行を代行してくれるプロの方はいるのか?また、その代行費用はいくらぐらいか?また、申請してビザが認可される確率は、国外と国内で変わるか?

 

回答:

オーストラリアでの対応も可能。
その場合、オーストラリア移民書士との
連携にて対応。

代行費用は、大体35-40万円程度。
可否についての確率は不明確。

 

・オーストラリア国内申請の場合、最初にe600ビザで入国→サブクラス820の申請→認可された場合は、すぐそのビザに切り替わり、就労可能になるのか?

 

回答:

サブクラス820の暫定ピザは、
保持中のe600ビザが失効してから有効になる。

 

【パートナービザ309申請 提出書類についての疑問点と回答】

 

【スポンサー(妻)】の書類関係

 

・必要書類の「オーストラリアに居住している書類」について

 

現在オーストラリアに住んでいないが、その場合も、この「オーストラリアに居住している証明書類」は必要?

 

回答:

スポンサーがオーストラリア国籍
の方であれば、居住の実績は不要。

その場合、日本での雇用実績や
オーストラリア帰国後のジョブオファー、
現地居住地の証明などを用意。

 

・過去2年分の雇用証明書について

 

この書類は、スポンサーの現在日本で働いている先の書類を下記の中から可能な限り提出ということか?

 

・納税証明

・雇用期間と給与が記載されている
 雇用主からのリファレンスレター

・給与明細など

 

回答:

それでOK。
できれば、スポンサーと申請者の2人分の
収入証明、納税証明はあったほうが良い。

またオーストラリアでの仕事が
決まっている証明なども審査上有利に
なるので、可能なら用意すると良い。

 

・「2人の関係を説明する宣誓書」の入手方法、作成の仕方は?

 

回答:

書式は、Wordなどにフリー形式でOK。

いつどこでどのようにして出会ったか、
どのように関係が構築されたか、
結婚を決めたのはいつか、
互いに経済的、精神的に
どのように支えていくつもりなのか、
今後の計画などを記載し、
日付の署名を入れること。

弁護士や行政書士などの印は不要。

ポイントとしては2人の関係が
真実であり、永続的なものであるか
証明することが大事。

 

 

【申請者(自分)】の書類関係

 

・2人の関係を説明する宣誓書は、スポンサー(妻)の申請書類と重複するが、どちらか一部の提出で良いのか?

 

回答:

2人それぞれが作成する必要あり。

 

・「2人の関係を証明する書類」について、それぞれどのようなものを?いくつ?用意すれば良いか詳細を知りたい。

 

回答:

・写真:2人の写ってる、関係を
 証明できる写真を毎月1-2点ずつ。

・カード:クリスマスカードや
 バースディカードなど。

・メール:LINEやFacebookの
 メール履歴をスクリーンショット
 したものなど、出会った頃から
 今に至るまで。毎月1枚ほど。

・電話履歴:電話の請求書などの明細。
 または、相手に電話している履歴。

 

※写真やメールなど、関係の証明として
十分な内容であれば、
カードや通信記録などは、
なくても大丈夫とのこと。

 

・「2人の関係を証明する友人・家族からのレター」について①

 

フォーム888には「オーストラリアに住んでいる人に記載してもらう」と書いているが、申請者(自分)の場合、親は、オーストラリアの住人ではないため、これに該当しない。どうしたらいい?

 

回答:

「フォーム888」は、本来、
オーストラリア国内からの
申請用フォームのため、
オーストラリア居住となっているが、
日本の家族や友人に
作成してもらっても構わない。

関係を証明する書類としては有効。

 

・「2人の関係を証明する友人・家族からのレター」について②

 

「フォーム888」1部の翻訳代として、大体の翻訳代相場は、いくらか?

 

回答:

目安として、8,000-10,000円程度。

 

・「2人の関係を証明する友人・家族からのレター」について③

 

申請者の家族が、日本語でしか記入できない場合、記入してもらったフォームの空いたスペースに、英訳を記入→提出でも良いか?

 

回答:

和文で作成したものとは別に、
翻訳した英文で作成→提出が良い。

その英文で作成したものに、
その家族の署名をしてもらったのを提出が良い。

 

・「2人の関係を証明する友人・家族からのレター」について④

 

「フォーム888」の最後の《⑦番》の記載事項「Your Signature, Declared at,,,   Before me, Signature of qualified person」とある通り、

 

・誰か(弁護士や行政書士など)の署名は
 不要で大丈夫?

・下記の欄に、本人の署名と署名した
 日付だけ記入してもらえばOK?

「Your Signature:○○○○」

「On Day Month Year:○○○○」

 

 

回答:

・JPの署名は不要とのこと。

・記載した本人の署名と署名した
 日付だけ記入するように。

※署名はパスポートと同じ署名で。
 念の為、パスポートのコピーも一緒に提出要。

 

 

・過去の自分のワーキングホリデービザ番号等を確認する方法はある?

 

回答:

自身で申請したなら、
「immi account」で確認可能。

https://online.immi.gov.au/lusc/login

 

・「フォーム40SP」について①

 

《PartH》の質問の
「About your home」は、

日本の現在住んでいる家の情報でも良いか?

 

回答:

こちらは、オーストラリアで
居住する際の情報として、
実家など滞在する場所は、
決めて記入してほしい。

 

・「フォーム40SP」について②

 

《Part I》の質問の
「Assistance with this form」と
《Part J》の
「Options for receiving written communications」は、何を書けば良いか?

 

回答:

それらの項目は省いてもらってもOK。

 

 

 

【申請書類提出後についての疑問点と回答】

 

・ビザ申請日から平均大体1年前後で、ビザ取得結果が分かる?申請後でやることはある?(健康診断や犯罪経歴証明以外)

 

回答:

大体その通り。
最近は、更に審査に
時間が掛かっているよう。

1年から1年半ほどと考えるのが良い。

今後やってもらうことは、
引き続きお二人のご関係を証明する
書類を継続して保持してもらう。
(写真やメールなどのやりとり、
 共同の銀行口座など)

また健康診断や犯罪経歴証明は、
今後移民局からの指示があってから、
手配してもらう。

 

・ビザ申請してから、平均的にいつぐらいに健康診断や犯罪経歴証明書の提出が要求されそうか?

 

回答:

申請後、最低半年以上後が目安。

 

・無犯罪証明書交付後は、原本のスキャンデータを送ればよいか?

 

回答:

スキャン→データで送るで大丈夫。

(原本には、封筒開封厳禁と記載あるが、
開封してスキャン→データで
送るで大丈夫とのこと。)

 

・健康診断、無犯罪証明書の提出後は、ビザ取得まで、大体どのぐらいかかる見込みか?

 

回答:

今回の書類を提出後、通常だと、
2-3か月で最終結審される。

遅くとも、半年以内には、
取得できる見込み。(個人差あり)

 

・スポンサーのオーストラリアと日本からの無犯罪証明書も、依頼を受けてから28日以内に必要?

 

回答:

スポンサーのについては、
現時点で移民局からの要請は
届いていないので、提出期限はなし。

念のため、事前に準備しておくと良いかも。

 

【サブクラス309 パートナービザ取得後についての疑問点と回答】

 

・入国する際は、パスポート提示するだけで、他にするべきことはないのか?

 

回答:

手続きなどは特にない。

指定された日までに入国すれば、
永住ビザが有効化されることになる。

念のため渡航の際にパスポートと、
送られてきた「Grant Notification」を
持参した入国を勧める。

 

・オーストラリアで、永住権の証明をする場合は、もらった「承認レター」を提示すればよいか?

 

回答:

そのレターも利用できるが、
現在はオンライン上でも
ステータスの確認が可能。

「VEVO」と呼ばれるシステムが活用できる。

https://immi.homeaffairs.gov.au/visas/already-have-a-visa/check-visa-details-and-conditions/check-conditions-online

 

・サブクラス100 パートナービザ取得の連絡は、オーストラリア移民局から2年後にある?

 

 

回答:

その通り。

ただ2年ギリギリということもなく、
1年半程度でメールで連絡がくるかと。

 

・サブクラス100 パートナービザの取得連絡は、オーストラリア移民局より自分のメールアドレス宛にある認識で良いか?その際に、「承認レター」が永住権の証明になるということか?

 

回答:

連絡は、申請時に登録している
メールアドレス宛にくる。

また、オーストラリア移民局の
データ上で記録が残るので、
特に証明などは不要。

 

・「レジデントリターンビザ(Resident Return Visa)」は不要?

 

回答:

今回取得しているビザは、
正規の永住ビザではなく、暫定ビザ。

2年後の正規の永住ビザ
(サブクラス100 パートナービザ)
が発給された際に、そのRRVビザは発給される。

 

・TRN番号やビザ番号はいつ、どういったタイミングで必要?

 

回答:

VEVOなどで記録を確認する際に
利用することあるが、普段利用することはない。

 

・今後、入国まで及びサブクラス100ビザ取得までに、別途必要な手続きなどやることは、あるのか?

 

回答:

何も手続きなどはない。

 

・今後の連絡先として、オーストラリア移民局のどのサイト、アドレスに問い合わせなどすれば良いか?

 

回答:

オーストラリア移民局の連絡先は、
国外からの連絡は下記の
オンラインフォームのみとなる。

https://immi.homeaffairs.gov.au/help-support/contact-us

または入国後は、現地の
移民局事務所へ直接出向けばOKかと。

 

・サブクラス100パートナービザ取得できれば、もうそれ以上の更新や手続きは何年たっても不要という認識で良いか?

 

回答:

サブクラス100パートナービザを
取得された後は、再入国ビザ(RRV)の
更新が必要となる。
こちらは5年毎の更新になるので、注意。

また、RRVの更新は、自己管理。

オーストラリア移民局から
通知などはないので、
海外渡航の際には、
毎度期限を確認してから、
渡航するなど注意が必要。

 

 

 


 

というわけで以上です。

 

長くなりましたが、少しでも皆様の不安は解消できたなら幸いです。

 

無事ビザを取得でき、良いオーストラリア滞在ができることを。

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

-メルボルン生活情報
-